医学部受験 仙台文理

医学部受験 現役生


仙台 医学部受験

現役生(高校生対象)

成績がいまひとつの場合の合格の秘訣は、
早く計画的に始めること・あきらめずに最後まで努力すること!

「その志し低ければ小成に甘んじ、志ざし高ければ大成す」

大学での膨大な講義内容を理解し考える力を養うための学力が不可欠です。
学力の大幅UPは「学習の質と量(orノルマ設定)の確保」が不可欠!

これから、限られた時間内で大幅な学力アップを達成しようとするなら学習の質が最も重要です。「集中力」「学習の仕方」「記憶の効率」「授業の受け方」「予習の原則や仕方」「復習の原則や仕方」「記憶のメカニズムや効率的な記憶法」「学習計画」などです。学習の量とは毎日リズムある生活の中で一定時間勉強に費やすことです(学習範囲はどこでも満点を取れるくらい徹底して記憶のノルマを設定)。センター試験レベル(基礎)学力 を養うための学習時間は900〜1,200時間、記述対策は志望校と現在の学力差により1,000〜3,000時間を要します。試験まで約10ヶ月間とすると、1ヵ月30日×10ヶ月間で300日+約20日で計算すれば大体の学習時間が予測できます。いずれにしても志望校に対応した「戦略・戦術・戦闘力」を駆使して合格することが最大のテーマです。

高3生 医学部突破コース

***何が何でも現役合格をめざしたい高校3年生***
<対象者>

大学全入の時代を迎えても東大・早慶・医学部や人気のメディカル系(歯・薬・獣医)等に入るために必要な学力のレベルはますます上昇しております。
大学受験の勉強を始めた生徒から「もっと早くから、高1、高2から始めていればよかった・・・」という声を聞くことがあります。難化傾向の難関校や難関学部を希望する受験生は、早く始める必要があります。

国公立大医学部 高2医学コース

***とにかく徹底して基礎から勉強したい高2生***
<対象者>

国公立大医学部 高1医学コース

***難関大学や難関学部に現役で合格したい高1生、受験はもう始まっています***
<対象者>

医学部受験現役生(高校生対象)ページTOPに戻る