医学部受験 仙台文理

医学部受験 医学部の6年


仙台 医学部受験

医学部の6年

医学部のカリキュラムは?

医学生が6年間で学ばなければならない知識や技術の量は膨大!
講義、実習、試験のスケジュールがびっしり組まれ、単位を一つでも落とすと留年という厳しさ!


<1〜2年次>・・・医学を学ぶ上で基礎となる科目を学ぶ
「教養科目」
(1)自然科学系(物理、化学、生物)、(2)人文科学系、(3)社会科学系、(4)医学英語などを学ぶ
※近年は、医の倫理や患者とのコミュニケーションのあり方を教える「人間関係学」のような授業を重視したり、早くから医療や介護の現場を体験させる実習を行う大学も増加傾向


<2〜3年次>基礎医学(医学という学問を体系的に学ぶ)や社会医学を学ぶ

  1. 「基礎医学」
    @解剖学、A組織学、B生理学、C薬理学、D病理学、E各種の実習など、人間の正常な身体の構造(人体解剖など)や機能から、病気の原因や成り立ちまで
  2. 「社会医学」
    @地域や集団で病気が発生する要因や過程を探る疫学などの公衆衛生学、A母子保健、B老人保健、C精神保健などの医療政策について学ぶ


<3〜4年次>・・・臨床医学について学ぶ

  1. 「臨床医学」
    @循環器、A呼吸器、B神経、C血液、D肝臓、E皮膚、Fアレルギー・リュウマチ、G感染症などの臓器・疾患別に学ぶ(従来は内科、外科、小児科、整形外科、皮膚科などを科ごとに学んでいた)
  2. 「臨床実習に入る準備」
    模擬患者による医療面接や人形を使った心肺蘇生訓練など
※各科バラバラに同じ臓器の病気を教えるのではなく、臓器・疾患別のカリキュラムを導入し各科の垣根を取り払う大学が増加傾向


<4〜5年次>・・・「共用試験」をクリアしてから、「臨床実習」に入る

  1. 「共用試験」
    CBT(コンピュータで学生ごとに問題を無作為に出題する)と、OSE(模擬診療で診察技能や態度を評価する=客観的臨床能力試験)の2つで評価されるが、合否は各大学に一任されている試験
  2. 「臨床実習」
    触診、採決、包帯交換などの医療行為を伴う20以上ある診療科を、各1〜2週間かけて回る。早朝から時には深夜まで、病棟回診、カンファレンス(医局で行う症例検討会)、手術見学、小講義、小テストなどめまぐるしい毎日が続く


<6年次>・・・前半は選択実習、後半は総括講義など多忙
「病院実習」

  1. 7〜9月は卒業後の臨床研修をする病院を見つけるために、病院見学や採用試験で走りまわることになる
  2. 夏休み後は総括講義は始まるが、その間に卒業試験や追試が何回かに分けて実施される。大学は医師国家試験の合格率を気にするので簡単には卒業させてくれない。
  3. 卒業試験に合格すると、息つく暇なく国家試験の受験勉強が始まる
  4. 試験は2月中旬で3日間、合格発表は3月末


医学部の主な講座

医学部の主な講座


30歳前後で一人前の医師になるまで

医学部の6年ページTOPに戻る