医学部受験 仙台文理

医学部受験 個別指導


仙台 医学部受験

一人ひとりの特製や志望校に合わせた医学部受験 個別指導!

限られた時間内に偏差値70P達成には、手段・方法にも工夫が必要!

受験生の潜在能力をいかに引き出すかを第一に考え”必要な時に必要なことを必要な量だけ!”一人ひとりの特製や志望校に合わせたトータル的な受験勉強という考えに基づいて勉強方法を設計します。
昨今の受験生にとって大事なことは”どうやって問題を解くかということよりも、何をどのように勉強するのか”ということや合格という目標達成のための戦略性が必須です。
個人別の年間学習計画の作成は特製を正確に把握することを目的として「実力判定テスト」により”弱点分野やつまずきの原因”と入試傾向を念頭においた”実戦向け学力”を把握します。
「勉強法のチェック」では脳科学に基づき各自の勉強方法をチェック、最も効率よく勉強するための問題点と改善点を指導します。テストだけでは把握できない科目ごとの自己分析や志望校などをもとに、学習カリキュラムを作成し授業がされます。

福岡に行くのに先行グループが東京駅にいるなら、後発の貴方は新幹線か旅客機で行かなければ間に合いません!

偏差値70以上の超難関の学部・学科だけを目指す!あなただけの合格プラン!・・・医学部専門・・・

▲PageTop

個別指導偏差値70以上の超難関大対象

”先んずれば人を制す”2月10日より、申込順に10日以内に順次授業実施!

受験勉強を始めると、必要なこと、覚えなければならないことがあまりにも沢山ありそれらを未だ全然マスターしていないことに気づきます・・・

本校で対応する標準的学力のレベルと学習時期の関係

偏差値70以上の超難関の学部・学科だけを目指す!あなただけの合格プラン!・・・医学部専門・・・

Method

偏差値70以上の大学・学科合格達成のために、個人別に学力と志望校に向けた学習カリキュラムを作成します。

Private lesson

講師1人に生徒1人プライベートで行き届いた適切な授業です。

志望校の入試傾向を把握して対策を行いますので、レベルの理解度に合わせて適切な課題を出すこともあります。

Teachar

講師は東北大の医学部の学生や院生などの経験者などです。

集中力を最大限に引き出すために1教科1回50分の授業を1日2コマ行います。空き時間に予習・復習・宿題等をしていただきます。

▲PageTop

学習の流れ

  1.  予習
    テストと同じように毎日、解答を書くく
  2.  学ぶ
    授業 重要事項や問題の解き方を解り易く解説
  3.  試す
    演習問題を自分で解いてみる
  4.  習得する
    演習問題の解説と未習得事項の説明により完全習得
  5.  復習する
    完全習得した事項を記憶に定着させる

▲PageTop

特色

  1. 志望校を照準にした勉強を徹底!
    「どこの大学でも受かる実力」でなく「志望校の合格最低点を狙う」ということが出発点で、志望校の範囲内で最上級のランクを射程において個人別・志望校別の指導が可能になります。
  2. 過去間分析で”安心”の受験勉強!
    過去間で志望校の問題傾向を掴み、「合格点をとる」ための目標を科目ごとに設定して指導に当たります(あれこれ悩む時間をなくし、安心して受験勉強に専念させることが目的)。志望校を分析しテキストや課題を指定します。
  3. 「基礎体力期」設定による学力の効率化!
    志望校の入試問題で「解説を読んでも解らない」「1題終わるのに時間がかかり過ぎて全然進まない人は基礎体力不足」です。必要な人には「基礎体力期」を設定しますが場合によっては、中学からの復習からやってもらいます。基礎体力がないと人の2倍も3倍も時間がかかり、ますます差は開くばかりです。
    多少の遅れがあっても最終的には取り戻すことが十分可能です。

▲PageTop

勉強は段取り次第です。(準備8割、仕上げは2割)

「スランプだ!」「調子が悪い」など言い訳する人は、まだ子供です。

  1. スランプは常に目一杯努力している人にしか訪れません。
  2. 勉強が出来ない理由は、いくらでもあります。常にベストを尽くす人は言い訳をしません。
    答えは自分自身の中にあり、冷静に見つめ直す勇気を持つ人だけが明日をより良いものとします。
  3. どうしても調子が出ないときは、インプットを控え、身も心も流すようにメンテナンスをすることです。

スランプの原因

今まで学習したことがキチンと定着しておらず消化不良を起こしているか、脳を含めた体全体の疲労も考慮しなければなりません。

スランプの対処法

学習時間を予定の60%程度にとどめ、空いた時間は体を動かし、新しい知識のインプットはせず、復習や資料の整理整頓をし理解の曖昧な点をチェックして下さい。

個別指導ページTOPに戻る