医学部受験 仙台文理 医学部入試コース

サイトマップ

医学部受験 仙台文理 医学部入試コース

医学部入試は小規模・少人数編成へのこだわり・・・仙台文理 国公立大・医学部受験専門コース開業医・勤務医をめざす方対象

医学部受験の現状

 早慶の理学部に普通に受かるような偏差値でも医学部受験に比べれば、遊びみたいなものだという言う人もいるくらい超難関入試で、理系でも古文や漢文が得意だったりする世界です。多浪生が多いのは、就職に直結することや収入が主な理由です。
 医学部受験は、苦手な教科・科目が1つでもあると合格は非常に困難です。理系では国語、文系では数学で大きく落とさない自信があれば9割は達成可能な得点で、国数いずれかに不安があると途端に難しく感じられます。
 センター試験では、理数英は、ほぼ得点差がつかないので国語で点数を稼ぐことです。センターで9割確保でも、日頃の模試の偏差値が70あろうが、偏差値が高いというだけでは合格できず、受験当日の問題との相性などの運がかなり影響しますし、医学部医学科に受験合格するには、ぎりぎりまで頑張れる精神力も必要です。要は二次の本番で発揮できないとすべて水の泡となります。少なくとも東大合格者3,000名のうち1,000名位がセンター試験では9割を超えていますので、9割越えは特別珍しくもないそうです。

地方国立大学の医学部では、受験テクニックに長けた都会っ子の流入を食い止めるためか、地元の医療機関に留まって欲しいためか、地元枠やAO入試とかの選抜がなされています。定員が少ないため実際以上に難しく見えることもあります。私立大学が受験機会を小刻みにして偏差値を維持しているのと結果的には同じです。実力がありながら足踏みを強いられる受験生もいるほど医学部の受験は厳しいものがありますが、地方の医学部二次は学科が緩いところもあるので、相性を研究し運があれば上手くいくこともあります。
多くの国公立大医学部受験者は、全国のどこの大学でもいいので医学部に入りたいとして、少しでも可能性の高い大学を受験しますので、偏差値を他の学部の偏差値と同じようにとらえることはできません。合格の前後の偏差値の受験生が集中することもありますので募集定員を大きく上回ることにもなりますし、同じような高偏差値の受験生同士の競争になります。私立大医学部に進学するだけの経済的余裕がなければ、失敗できないという強い緊張感の下で解答しなければなりませんので、プレッシャーに弱い受験生にとっては厳しい状況になります。
 私立大医学部については、各大学の受験日が異なるので複数の大学を受験します。各大学の募集定員は100名程度ですので、同じ受験生間での競争となります。慶応医だけでなく、日大医、順天堂大医、東京医科大昭和大医など国公立大医学部と併願可能な東京の上位私立医学部に合格することはかなり難しく、地方の国公立大医学部に何とか合格できるといった程度のレベルでは、補欠合格も疑問です。センター試験86%とれる人なら慶応・慈恵医大以外なら十分合格の可能性あります。私立医学部は、大学の生理学の範囲まで出題する大学もあるようです。
 私立大医学部でも推薦やAO入試で、試験科目が数1、化学1、物理1または生物1、英語という入試科目と特別面接、小論文のみで合否を決める大学もあります。
 私立大はそれぞれ問題のクセ(どの範囲もかなり極めた人しか解けない問題)が国立大学よりはっきりしており(出題形式、中身など)、ある程度特化した受験生が有利となります。(概ね、偏差値の低い大学は正規合格ではなく補欠合格での入学者がほとんどなので、正規合格者の偏差値よりもだいぶ下がることが多いようです。

理系入試の最高峰の医学部

最後の受験が終わるまであきらめないで頑張ること
理系入試の最高峰の医学部ではどの科目でも高いレベルが要求されます。
国公立大の医学部入試は、センター試験で得点率が90%以上と難易度は、ほぼ上限に 達しており、どの教科もまんべんなく基礎学力がついていないと太刀打ちできません。 英語・数学・理科で貯金をして、国語・地歴・公民で85%以上の得点が必要ですので 、2次試験の出来が合否を分ける結果となります。
入試自体は、オーソドックスですので、ひたすら得点率を上げることに集中すること が合格への第1条件です(私大医学部は大学により入試に癖がある)。センター試験で は、瞬時に正解を判断する機敏性が必要で、2次試験は熟考型の問題ですので頭を切り 替えて望むことが大切です。
医学部受験を制するキーワードは「数学に強い」ということ。数学は問題パターンや思考 センスをいったん身につけてしまえば、安定した得点源となるので、一度、得意科目に してしまえば、強力な武器になります。英語と数学は一見違う(「英語は慣れだ」とい う考え方)という考え方もあるが、英語は論理的言語なので、理系思考の受験生にとっ て勉強しやすい科目かもしれません。
さらに、医学部の厳しい受験にはたくましい精神力も必要です。努力してきた自分を信じ、最後の受験が終わるまであきらめないで頑張ることです。

大学入試で求められる能力とは

卒論を書くには・・・

データ収集、文献引用、関係者への取材、考察、提言が一般的です。「文献をまとめるだけでは論文ではありません」様々な立場の人の意見を集めながら、一貫性のある内容でなければなりません。大学は、卒論の書き方を一から指導してくれることはないが、情報収集力や書く力、思考力の基礎は、中学時代に身に付きます。

  1. 試験で求められる能力・・・
     高校よりも高次元の講義を理解するのに必要不可欠な力を有するかどうかを見ることが出題者の狙い。
     例えば、ものごとを総合的にとらえる力(総合問題・複合問題・融合問題など)で、部分的な単元知識のみでは得点に結びつかない構造になっています。中でも論述問題、小論文問題は“書かせる”解答形式により真の理解力と人間性を踏まえた発想力の把握が目的です。
  2. 合否を決定する“考える力”“理解する姿勢”
     短期間の、しかもレベル以上の実力をつける学習法として「考えながら学び、学びながら考える」姿勢と「暗記中心ではなく理解中心」の学習姿勢が必要不可欠な条件です。各教科の特質を理解し、出題意図を正しく理解する力を養うと共に、各教科に興味を持って接する姿勢をが欠かせません。
  3. 合格答案作成能力

    ***各教科において、英語的・数学的・物理的考え方などを正しくとらえているかを試しています***

    1. 読解力」:出題者の意図を正しく読み取る能力を持っているか。
      「理解力」:文章を読んだ時、どれだけその内面を読み取り正しく理解できる能力を持っているか。
    2. 論理的思考力」:出題者の意図に添った答案を組み立てるために、段階を踏んだ理論の組み立てができるかどうか。ものごとを理論的にとらえ、その正しい思考に基づいて誤りのない結論を引き出せるかどうか。
    3. 集約力」:時間や字数制限内で出題の意図に添った狙いに合致した答案作成で「まとめ上げる能力」。
      集約力は理解の上に開花し、理論的思考力と表現力に多大な影響を与えています。
    4. 表現力」:自己の考えを正確な文章で論理的に表現し伝達できる能力です。自己主張を正確な文章で伝える能力に欠ける生徒は、ものごとを正しく受け止める姿勢にも欠けています。
    5. 直観力」:どれだけ鍛えられた頭脳と蓄積された知識を有しているか、専攻分野への適応力を有しているかどうか

    総括すると・・・これら5つの能力は大学の講義を理解する上でも、「卒業論文のテーマ設定⇒組み立て⇒完成」に不可欠な能力であり、社会に出ても日々求められる判断に欠かせない能力です。

医学部受験ページTOPに戻る